医療事故に悩む人々

人工呼吸器のミスで脳に障害

私の祖父はがんで入院をしていました。肺がんだったのですが、もともと以前から肺が弱いというところもありました。

がんが見つかった頃は通院だけだったのですが、その後は症状が悪化して入院することに。実家がかなり山間部のほうで、治療に良い病院と言えば都市部に行かなければありません。市街地にはがんも扱う大きな総合病院があったのですが、肺がんに関して評判の良いお医者さんが他の病院に居るということでそちらに入ることになりました。

総合病院に行くよりもちょっと価格は高いようだったのですが、やはり信頼できる病院で診てもらったほうが良いと思いますよね。祖父のがん進行度は簡単に言うと中レベルと言ったところ。まだまだ完治の可能性も十分にあり、これからしっかりとした治療で回復できるものと期待しました。抗がん剤にもあまり頼らず、できるだけ負担を減らしながら治療を進めてくれました。

しかし、ある時から状態は良くない期間が続き免疫が低下した祖父は呼吸が苦しくなり「人工呼吸器」を使うことに。見ていて痛々しいものでしたが、これも仕方がありません。

しかしその後に問題が発生、病院側のミスで人工呼吸器の酸素が送られず呼吸がしにくくなったのです。その後、気付いた看護士が正常な状態に戻しましたがなんと祖父には少し脳にダメージがいってしまったのです。

これは明らかに医療事故のはずですが、病院側はどうにも言い訳まじりでなあなあで済まそうとしています。もちろんもう病院は変えましたが、今は何とか被害請求は出来ないものかと悩んでいる状況です。