医療事故に悩む人々

医療事故の相談専門チーム

私は、病院で事務を務めていたのですが、その病院が医療事故を起こしてしまったことがあります。そこでは、一時、その医療事故については決してしゃべらないようにと厳しく口止めされ、病院のお偉方は全員医療事故を隠ぺいしようとしました。

結局はその医療事故は表ざたになって、私の住んでいる地方で新聞に載ったほど有名なことになりました。その後は毎日のように病院は遺族の方に謝罪を行い、病院も閑古鳥が鳴いているような状況が続きました。職場を離れるべきだろうと思い、渦中に私は辞職をしたのですが、しばらくしてから、私は遺族の方が依頼をした弁護士の方とお話をすることがありました。

証言が欲しいということだったので、私は本当のことを告げましたが、この弁護士の方がかなり鋭くて驚きました。もらった名刺から弁護士のホームページを見てみると、医療関係の専門弁護士のチームの一員だったようです。みな医療関係に深い知識を持っており、医療事故などの訴訟を積極的に取り扱っているスペシャリストだったようです。

結局、病院はかなりの慰謝料を支払うことになったようですが、それに一役買っていたのが、あの医療関係専門の弁護士チームの方々でしょう。もしも、医療事故などを起こされてしまって、弁護士に相談をしたいと思っているのならば、医療関係専門の弁護士を探してみてはいかがでしょうか。